どうして?どこから?いつの間にか

どこがどうなってるのか?

「知らない間にいつの間にか成っていた」って事有りませんか?

早期発見!早期治療!

例えば雨漏り
どうして?いつから?どこから?って事無いですか?
雨漏りは気が付かない間に始まります。
台風の横殴りの風雨の時だけって事も有ります。
雨の頭は小さいです。釘の穴・瓦の隙間・サッシの繋ぎ目色々な所が注意したい所です。
漏れてる事が分かればまだ救い様が有ります。
漏れてる事に気が付かず分かった時にはひどい事に成っていたと言う事がよく有ります。
雨漏りが有れば言うまでも無く色々な障害が有ります。
カビ・シロアリの進入・材木等の腐れとても危険です。
見えない所で漏れているのはプロでもなかなか見付けられません。
診るとすれば雨上がりに、軒(屋根の先っぽの壁より突き出した部分)の裏(下から見上げて見える部分)が湿ったように他と違う様に見えるとか、基礎(地面から壁までの部分でたいてい壁とは違った色)が湿った感じに見えるとかしている事が有ります。そんな時は屋根の方から入った水が伝わって来ている可能性が有ります。
その辺を雨上がりに注視したら早期発見できる事が有ります。
写真は鉄筋コンクリートのお宅の場合ですが、屋上放水の長年の傷みから雨漏りしました。早く気付いて防水を改修し改善しました。

コンクリートの建物も水には弱い

コンクリートの建物も屋上が平ら(陸屋根と言われます)な所は防水が切れたり剥がれたりすると雨水の浸入が有ります。
下に部屋が有り天井にシミが出来たり、穴が開くのは修理は難しく有りません。
それに雨漏りに早く気が付きます。
それを気が付かず長い間放っておくとコンクリートの中の鉄筋が錆び、やがて進行すると膨張しコンクリートを割ってしまう様な事にも成り鉄筋コンクリート造の意味が無くなります。
鉄筋コンクリート造とは・・(圧縮力には強いがもろいコンクリートを、引張力に強い鉄筋で補強した構造。耐久性・耐火性・強度に優れ、経済性に富む構造→鉄骨鉄筋コンクリート造)
屋上は過酷な環境です。そして環境は一軒一軒違います。
保証が付いていようがいまいが関係有りません。
鉄筋コンクリート造の建物に限らず陸屋根(平らな屋根)の建物は注意が必要です。
早期発見・早期治療・・・皆さんの身体と同じです。
いい季節は終わりこれから日本の梅雨です。
最近は梅雨の風情は有りません。ドシャ降り状態・・・普通なら漏らない所でも油断禁物!

見えない所は湿気易い!

見た事有りますか?
家の中、床下も壁の中も空気の流れない所や温度差の有る所は湿気てカビが発生し易いです。カビだけでは有りません木材を腐らせる(腐朽菌)という菌糸も発生します。
床下は空気が動かないと湿気ます。古い造りの住宅では基礎に何箇所か空気の出入り口が有ります。その穴を塞がれては空気は動かず床下でよどみます。 
最近の通気工法も確実に通気していないと結露の心配が有ります。
壁内で結露しても表からは見えません。
結露していれば壁の中は水分があり腐朽菌やシロアリが繁殖します。
ではどうやって見つけ防ぎます?
「室内の壁がどうもカビが多くておかしい」と思ったら壁の中も要注意です。
壁に小さな穴を開け簡単な内視鏡で見る事も出来ます。
家の中、床下も壁の中も空気の流れない所や温度差の有る所は湿気てカビが発生し易いです。カビだけでは有りません木材を腐らせる(腐朽菌)という菌糸も発生します。